紅葉の舞う教室

~季節の風を吹き込む~

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

基準って?

 02, 2015 06:46
一人のおばあさんが私のバスの席の隣に座ってきました。
そのおばあさんは杖をついていました。
最初は無言。
当然です。

しかし、急にそのおばあさんが私に話しかけてくれました。
最初は挨拶程度の会話。
「今日は学校ね?」とか、「部活は何ね?」とかです。

そうしていると、おばあさんは色々な事を話してくれました。
自分の娘さんが看護師をしていること。
一緒に住んでいないが、近くに住んでいる娘や孫のところへ、うまく動かない体で行くこと。
天神などで見かける、白い杖を持った人のこと。

お年を召された方には、今までの経験を積み重ねた、その人の洗練された知識を持っている。
今までの環境ではあまり知られない、または扱われることのないことを話してくれました。

それは、まさにハンディキャップの世界のこと。

日本は、非常に豊かな国です。
外国の方も増え、特に福岡は「アジアの玄関口」と言われるほどだから、日常生活に外国の方はよくいます。グローバル社会になってきています。

それでも、ここは足りない所。
普通の人とは違う容姿、普通の人とは違う世界を持った人。

何を「普通」の基準としているのかさえわからない世界では、沢山の争いが起きる。

基準なんて、あって無いようなもの。
だって人ごとに違うこと、一緒にすることはなかなかないのです。

そんなことを考えながら、私はおばあさんの話を聞いていました。
そういうことを考えるチャンスはいくらでもあったのに、なかなか考えられない事実に少し驚きました。

学ぶことの多い一日でした^^
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。